読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンジャズドラマーのブログ

サラリーマン兼ジャズドラマーの思うところ

いろんなところに蔓延る家元制度のノリ

世界の先進国として日本社会は欧米同様に発展しているが、社会システムは未だ封建的な文化というかノリを脈々と継承している。文壇や画壇みたいな権威とヒエラルキー、そこにお金が絡む仕組みはいろんなところで見受けられる。

お師匠さん、と慕って芸事の流派のような仲間内が出来ていき、違うお師匠さんについている人たちとは分かれて活動していく流れだ。家元制度である。

 

お師匠さんは確かに優れているから師匠なんだけど、それと芸術は関係ない。芸事は師匠が必要である。伝統芸能を継承していくためには誰かに付かねばならない。

芸術は個人的感覚の中で自身が影響され吸収してきた様々なものを咀嚼して新しい表現を提示する活動なので、師匠につくと言ってしまった時点で失格なのだ。失格というのは芸術家の失格であり伝統芸能表現者は師匠に付く必要があるということですよ。

 

技術を習得する目的で一時的に先生に付くのはありかもしれない。ジャズだとバークリーなんかで音楽理論を学ぶようなことはそれに当たる。

 

画壇なんかは家元制度的に、どこどこの展覧会に出すというのを師匠が決めて、そろそろ5年やってきたからあそこに出してみては、というような動きがある。展覧会での賞の選考委員はその師匠がやってたりする。こうなってくると特定の人に慕ってその人の古い権威にぶらさがり、賞をもらって上に上がっていく何のこっちゃかわからんヒエラルキーに位置するという活動に成下がるわけだ。

 

フラダンスみたいなものも、同じようなノリが見られる。

ジャズもとくにボーカル教室はその臭いがしないでもない。

「まだセッションに行ってはいけません」

「この楽譜は決してコピーしてはいけません」

「私が開催するセッションで歌わせてあげるので来なさい」

セッションはホストバンドが来た人数のミュージックチャージ(参加チャージ)からギャラを分配するので、これが横行すると単なる集金ツールとなるわけだ。そういうセッションはレベルが酷いよ。レベルというのは音楽的技術的ではなく、気持ち的意気込み的という意味で。

 

まあ、人に指示なんかされて新たな表現など出来るわけないのです。

師匠を作ってしまった瞬間新たな表現は大きな制約を受けるわけです。

 

だって、師匠に「お前その表現はないだろ」と言われると人間関係含めて考えると引っ込めざるを得ないわけですから。強行すると「破門だぁっ!」で、その世界の社会システムに位置してると干されておまんま食いっぱげとなるのです(笑)。

その点サラリーマン兼ミュージシャンはよくも悪くもバッシング受けてもまったく痛くないので、好き勝手な表現をトライしやすい環境とも言える。

 

しかし、みな意識していないかもしれないが、日本人に脈々と続くどこか封建的なものを当たり前と思う考えがこういう家元制度みたいなものが出来ていく文化背景なのでしょうね。

失敗したプレミアムフライデーにジャムセッション

既に死語と化したプレミアムフライデーだが、2月だったか最初のときはサラリーマンミュージシャンであんたの会社は導入するのか、みたいな話題をしたことがある。

私の昼の仕事は、人事部に確認するも一切なし、というか変形労働制を入れてるからそれで各部署でやるなら工夫してやったら、みたいな話だった。

 

しょっちゅう演奏している金融機関系に勤めているサラリーマン趣味人ミュージシャンが、そこそこの年齢で3セクのような、まあノンビリした会社に出向になった。いいなぁ、とも思ったりもするのだが、暇ほどよろしくないものもないので、そこは何とも言えない。暇が幸せなら、ちょっと前にブラックで話題になった「追い出し部屋」なんてパラダイスのハズだが、人間そうでもないようだ。

 

その3セクのミュージシャンがプレミアムフライデーで15時に退社するから、16時から2時間ほどジャムセッションを開催しよう、という話になった。私は行けないし、行く気もなかったのだが、先月「そう言えば、あれはどうだったの? 続けるの?」と聞くとやめたと。

 

案の定、誰も集まらなかったらしい。

 

しかし、プレミアムフライデー自体が経済団体連合会を中心とした、経済界が提唱・推進する個人消費喚起キャンペーンということで顔ぶれがお金落としてほしい企業群が政府に働きかけて、ということなので、意図がスケスケでありミエミエであり白けさが出てしまうんでしょうね。

ドイツの休日法みたいに、通常の店は閉めて従業員もプレミアムフライデーの恩恵受けるようにして、さらに文化キャンペーンと称し、認定された店のみが営業し、ライブやクラブ、映画館や画廊カフェみたいなのに人を回すような施策をすれば、ミュージシャンのギャラも多少は上がるかもよ?

ジャズミュージシャンのギャラ事情

ピンキリです。

 

そう言うと身も蓋もないが、半分本当で半分冗談でよく言われる話が1960年代から一晩G千。

ジャズミュージシャンは古いノリで言葉をひっくり返したり、数字を音楽用語から拝借した隠語のようなもので会話する。未だに(笑)。

G千とは5千円のこと。

ドレミのドはCなので、これが1となる。2はD。

45歳はF十G歳と言う。普通に「えふじゅうげーさい」と。

Cは「ツェー」と発音して1万5千円は「つぇーまんげーせん」と言う。

 

ひっくり返すのは、ラーメンは「めんらー」。タクシーは「しーたく」。

森田さんはタモリなのだ。早稲田ジャズ研ですからね。

 

ギャラの話に戻ると1960年当時は大卒初任給が2万円ないの時代なので、一晩で稼ぐのは今のレートで、、、まあそんな感じで蔵が建ったとか家がすぐ建ったとか。演奏下手な学生でもダンスホールやキャバレーで演奏仕事が頻繁にあり、これがめちゃめちゃいいアルバイトでサラリーマンより多々稼いでいたという話をよく聞く。

2017年現在のG千は、まあ晩飯と駐車場代で消えるわけです。

サラリーマンやめるとミュージシャンも出来なくなるような気がしないでもない

昼の仕事はまあいろんなことが起きるので、日々めまぐるしく回る。トラブル、報告書作成、お客様と打ち合わせ、来客、経営陣に謝り報告、部下を鼓舞、資料作成の指南、プレスリリースの文書校正。何でもありだ(笑)。

なるべく笑いを多く混ぜようとして青ざめる若手を面白おかしくさせて活動していると1日が過ぎる。

今日は会議などがほとんど入っていない空白地帯だったので、急遽有給休暇を取得することにした。働き方改革と世の中言ってるので、休みもとっていかないとねぇ。

 

しかし、平日休むと、まあ時間あること。夜はライブがあるのだが、昼はたっぷり時間がある。

ということで、近所の練習スタジオにドラムセット持ち込んで録音してきました。平日だと午前中はほとんどの部屋が空いてるし、駐車場の心配もいらないので楽なこと。

 

今日やってみたのは、フリーボサノバという、変なコンセプトを思いついたのでシーケンサーで入れたものにドラムをかぶせてみた次第。

 

 

もうちょっと、不協和音を削ったほうがいいかもしれないが、まあフリーだから放っておこう。

 

昼の仕事の最中に経験する刺激で音楽コンセプトを突如思いついたり、やる気が出たりするのだが、はたして専業ミュージシャンを私がやったとして、そういうのがポンポン出るのかというのは疑問がある。そんなことをよく思う。

時間があるとついテレビ見たりしてしまい、クリエイティブな活動は案外出来なかったりモチベーションが起こらなかったりするのではないか。ここにへんな恐怖感がある。

 

これは、どうしたもんでしょうかねぇ。

楽器習得の教材がなかった時代

今は音楽やろうとするとyoutubeを始め、もう何でも参考になるものがあるので、いい時代だと思う。

こう書くとかなり年配の人みたいだが、私がドラムを始めた高校時代はビデオがまだ数十万したような時代でレコード。CDが出る前。

ドラム専門誌のドラムマガジンが創刊したときなので、初めてリアル(と言っても月刊だが)に情報がとれるようになった。6連譜はどうやって叩いているのか、そもそもレコード聴いてもそれが6連譜なのかもわからない。

レンタルレコード屋でレコードを借りてきて、手回しで遅く再生させ、ウドロドロドロと数えて6連譜だと楽譜に採譜。そんなことを繰り返して、手順を想像して練習してみるということをやっていた。

練習する前に調べる作業にえらい時間をかけていたわけだ。

 

高校時代、どうしてもロールのやり方がわからなくて、「そうだブラスバンド部に入ればわかるハズだ」と2年の途中で入ったものの、パーカッションは足りてるということでサックスに回され、テナーを1年間やるハメになったのも、まあ妙な想い出だ。結局ロールはわかったようなわからなかったような。

 

今だとyoutubeでドラム手順を探すと多くが出てくる。すぐに練習にとっかれる。素晴らしい。

 

若手はみな上手いもんなぁ。プレイが面白いかどうかは別として(笑)。

置きベース盗難事件

置きベースというのは、ジャズの店に置いてありベーシストが誰でも弾けるベースのこと。
ジャズベーシストはコントラバスを持ち運びするので、かなり大変なのだが、自分の音にこだわりがあるミュージシャンは毎回持ち運ぶ。


表参道のジャズバードは元々ドドバードという店で、オーナーも違った。
この店がジャズバードになって少し経ったとき、オーナー兼ピアニスト兼ウエイトレスのミヨママが「気を付けてたのに、ちょっと目を離した隙に置きベースが盗られた~」と悔しがっていた。
びっくりして聞くと、元ドドバードオーナーが別の店の手伝いをすることになり、その店にベースを置きたいから、ミヨママがいないわずかな隙を狙ってかっさらっていったと。
置きベースは店を引き継ぐ際にそのまま受け継がれたものだった。

私は前のオーナーも知ってたから、そんな犯罪みたいなことをするのか、彼を見つけることができるのかとさらに話を聞くと、その前のオーナーはミヨママが運営するアパートに住んでいるという。なぬ?

またまたさらにその前のオーナーの別れた妻子はミヨママが運営するアパートの横にある、これもミヨママ持ちもののマンションに住んでいるという。
 

なんと、、、二人とも某ジャズ研での同期の仲で、部活のノリそのままが数十年続いているということになる。笑ってしまった。

この話は続きがある。
残念なことに前のオーナーは10年ほど前に他界してしまい、ジャズバードでお別れ会が開かれた。そこに前のオーナーの別れた妻子も来て、次男が今年の春から某大手電機メーカーに勤めて堅気な職業を選んだと紹介してくれた。
そのメーカーは私の昼の仕事で常時取引していた会社だったので次男に私の昼の仕事の名刺を出すと、「あっ!」と。彼が新人研修で配属された部署はなんと私宛てに営業している部署で、直属の上司は私がしょっちゅう相手にしている方だったのだ。


なんという世間の狭さ…

ジャズ演奏における集中力維持は難しい

私はなかなか入り込めない性格だ。演奏するときは演奏そのものに集中すべきだが、元々注意散漫なのか、どこか自分のやっていることを常に客観視してしまうようなところがあるのか、一瞬でスコーンと入り込むことが苦手なのだ。

例えばカラオケとか恐ろしく苦手である。まったく自分が歌うのに陶酔する世界に入り込めないから。

 

ちょこちょこ演奏しているピアニストの遠藤征志氏は、一瞬で音楽に入り込める素晴らしい音楽家だ。羨ましく思う。

ジャズクラブでのライブ中はガチャガチャしたお客さんの来店やら、飲み物こぼしたとか、いろいろ集中を阻害するような動きがあるのだけど、バンドメンバーみなが気付いているようなことも彼は気付かずに「あ、そんなことあったんですか、ピアノ弾いてて手全然気付かなかった」というぐらい入り込み度合いが深い。

 

この演奏は、その遠藤征志氏のバラードピアノソロだが、よく聴くと唸り声を上げてどっぷり浸かっているのがわかるでしょう。

ドラマーは、バラードのときなんかはブラシで淡々と付けることもできて、こういうときは下手すると雑念が入りやすい。ジャズの初心者の頃はついていくのがたいへんなので、メンバーの一挙手一投足を見ている=集中している状態なのだが、慣れてスムーズに演奏できるようになると演奏中にいたらぬことを考えたりしがちだ。昼の仕事のことが頭をよぎることもある。

 

バンマスは次何の曲を演奏しようかと、演奏中に考えてしまうことも多いみたい。昼の仕事のことを考えるよりマシですね。

 

この演奏はバラードに対して一定のリズムをあまり意識せずにフリーっぽいアプローチを試みているが、こういうことをするとピアノに思いっきり集中しないとハズす可能性があり難しいので集中が高まる。逆にこういうことをチャレンジしていかないと注意散漫気味になる可能性が高いという困った事態でもある。

それでいいのか、と言われるとそもそも私は音楽を持続的に集中して演奏することには向いてない性格なのかもしれません。。。(^^;)