リーマンジャズドラマーのブログ

サラリーマン兼ジャズドラマーの思うところ

作っては煮詰まる創作活動

ジャズは行き詰まっているのか、いやいやヒップホップを消化したグラスパーのようなミュージシャン達の新たな動きが新しい息吹を吹き込んでいるではないか、などなどいろいろな見方はあるでしょう。

 

確かにいわゆる4ビートはもはや行き場所がなくなるぐらいやりつくされた感はあるように思う。

だけど、4ビートのウォーキングベースとシンバルレガートの高揚感は他のリズムにはないものであり、相変わらず気持ちよい。

でも、新しいジャズは4ビートではない。

 

複雑なリズムやゆらぐ8ビートなどをドラマー中心に作りだしていくのは最近の潮流かもしれないが、これは難しい。

技術もいるし、相当頭の中でのポリリズム的解釈がしっかりしていないと出来ない。

私なんかあっという間にロストする。。。

 

だとすると、フリージャズのように感覚中心でリズムをアウトさせたりインさせたりするその手の表現をやってみるのは面白いのではないかと思い立ち、今日スタジオに行ってドラムを録ってきた。

フリージャズ的発想で異なるリズムにチャレンジするのは案外と行われていないように思う。

 

スタジオ入るのは数カ月ぶりだ。

何かを創ろうと思うとスタジオに入って試すのだが、あまりアイデアが浮かばない時は少しお留守になる。

それでよいのか、と言うとよくわからないが、まあただ練習で入っても煮詰まる人なので、とりあえず入るのは意味がないと思っている。

 

そして、こんなのを製作してみた。

 ↓

 

いいのか悪いのかはわからない。YouTube観た人が勝手に解釈してください。

ただ、創るのは面白い。

 

ドラムを録音してから、ベードラに合わせてベースを入れて、スネアのショットにエフェクト音を重ねてみている。

ギターのシンプルなリフを適当に入れてヒップホップ的なサウンド構成にした。←独断と偏見です

 

ラップはネットからパチッてきたが、ラップというのは凄いなぁとあらためて思った次第。

これラップがないとスカスカの何のこっちゃになる。

 

さて、創り終えるまでは面白いが、さっそくこのネタは終了となり、また煮詰まるのであった。。。

 

なんで創っているのかと言われれば、聴いたことないようなものを自分自身が聴いてみたいということかもしれない。

でも何かのパロディでもあると思う。無類のパロディ好きだから。

このブログ、終了します。

アメブロと並行してやっていましたが、そちらのみで書いていきます。

https://ameblo.jp/pagos-bucci/

シットインだらけのライブ

シットイン、この言葉はオーディエンス側からすると観たいミュージシャンでない人が飛び入りすることの意味。

 

私も知り合いミュージシャンのライブで何度もシットイン経験はある。

ミュージシャンやライブによっては、これを認めない場合も多々あるが、ジャズの現場ではお客さんでミュージシャンが来た場合は積極的に入ってもらうこともある。お客さんなので、金払っているから入ってもらうという店側の事情の意味も含む。

ただ、グズグズになると酷いクオリティの飛び入りを許してしまい、店に客が寄り付かなくなつパターンも散見される。

 

それはさておき、昨日のライブ。

バレンタインデーということなのかどうかわからないが、フリーのお客さんもたくさん入っていた。

そして、いつもいっしょにやっている女性ボーカルが遊びに来て、半分ぐらい歌ってもらった。

正規メンバーはインストバンドだったので、こういう日は女性ボーカルが場の雰囲気を華やかにする。

 

あと、定期的にバンドをやっている男性ボーカルがふらっと来店。

2曲歌ってもらった。もともと盛り上げが上手いパフォーマーなので、お客さんも盛り上がった。

 

もう2名、趣味でボーカルやる男性とその方をサポートするテナーサックス奏者。

テナーの方はクラシックとかヒーリング音楽を自分でやり、老人ホームとかを周って生業としている人で腕前は当然プロであった。

(面白いかどうかは別として)

 

ということで、3セットのステージ、それなりに長くなりながらシットインだらけのライブを終えた。

全体のコントロールという意味だとやはり長すぎてあり、予想通りテナーはソロしたいので、この手のシットインにありがちの何コーラスも

ブリブリ吹く展開に。趣味のボーカルの方は声量も足らずに「すいません」みたいな展開へ。

 

シットインも全体を見ながら入るというのは人格的にも難しいことでもありますね。

人のこと言えないですが(苦笑)。

 

そもそもこういうライブに参加していてよいかという話もあります。カラオケバンドじゃないんだから(笑)。

練習スタジオでお手軽録音

近所に音楽練習スタジオが出来たのは十年ぐらい前だろうか。

駅からも微妙に遠く、県道沿いとはいえ経営大丈夫なんだろうか、と思ったもんだ。

 

音楽スタジオが9部屋、ダンス練習の巨大部屋が2つ。

行くと子供たちがたくさんいるときもあり、ダンス教室をやっている。なるほど、ヒップホップのダンスなんかを子供たちに教えるわけだ。

練習スタジオはかなり盛況で、土日はなかなか予約が取れない。

 

個人練習という前日の夜遅くからしか予約が出来ない、つまり空きを埋める意味での安価に出す個人練習がダダーっと入り、土日はほぼ埋まる。

その中で開いてる時間をネットで見て予約を2時間入れ、ドラムを持ち込む。

ドラムセットはスタジオにあるのだが、グレッチを買ってからは毎度車で運んでいる。メンドクサイけど。。。

 

最近はマイクを2本借りて、Zoom社のH4nという乾電池2本で駆動するポータブルレコーダーで録音している。

練習しに行くというより、アイデアが出たときに録音しに行っているようなものだ。

1時間数百円のスタジオ代でH4n内蔵のオープンマイクと借りたマイクの直接ラインインで録る。

 

 

編集で直接ラインをメインにオープンマイクを薄めに重ねると、なかなかいい感じで、いつもそれで編集している。

ジャズ的録音の場合シンバルレガート音が重要になるので、ライドを狙ったものと、左はライド(左もライド付けてます)とスネアとハイハットを狙ったものの2本をラインで録っている。

 

録音を聴いて、「ドラムの音めちゃいいですねぇ」とドラムショップ店長。

3万円のポータブル録音機材ですよ、と私。

結局デジタルの世界だと、そこそこの音で録れてしまう。

 

すごい機材で録音しても結局YouTubeで聴かれるので、mp3だしね。

そもそも非圧縮とmp3の低圧縮は耳が肥えてても判別難しい。

 

そんなこんなで、エフェクトシンバルを使ういろんなドラマーの演奏をYouTubeで見てて、デスメタルとジャズの組み合わせをまた演ってみたくなったので、昨日録音およびビデオも撮ってきた。ちなみに動画撮影はGoProです。キック部分はかなり古いリコーのデジカメ。

ライドシンバルはエフェクトサウンドにするため、下にクラッシュ重ねてます。

 

 

ラスト部分、ミラーに映る部分がちょっとホラー的に遊びの編集処理をしてみたので、チェックしてみてください(笑)!

 

 

批評家のジャズ本も面白い

評論家というのはどういう価値を世に与えるのだろうか。

 

昔はそういうことを思ったり、マイルスが「評論家というものは何もしていないのに等しい」とか言ったり、問われると深く考えたことないとわからないだろう。

これをテーマにした映画が「レミーのおいしいレストラン」。

 

一見、かわいいグルメなネズミの子供向けアニメに思えるが、評論家の役割とは何かということをこれ以上ないわかりやすさで言っている。

 

「100年のジャズを聴く」という本を買った。

 

 

3人のジャズ評論家の語りで構成されている本だが、一人ひょんなことからちょい知り合いになったこともあって手にとったのだが、かなり面白い。

 

ミュージシャン同士はしょっちゅうジャズ談義するので、評論家の談義ともかぶるとことも多いが、ミュージシャン視点と歴史的繋がりを考えるコンテキスト上の進化を研究するかっこうになる評論家とは視点が異なるので、新たな発見もすごく多い。

ミュージシャン側ではあまり重要視していないものが明瞭に体系立てられていたり、評論家がクソというものが演奏者視点では重要なターニングポイントということがあったり。

 

知識が体系化されることで、演奏上新たに発見していったり注目していなかったものに目を向けたりというのは意味も大きいと思った。

 

 

ちなみに最近はほぼ絶滅種になったが、ジャズライブハウスに常連でいる評論親父が昔はどこの店にも一人はいた。

私がジャズを始めた頃、アマチュアジャムセッションやっていると、

 

「チャーリーパーカーは知っとるか? あいつは逝っとる。君らの演奏は話にならん」

 

ということを毎回言う嫌な爺さんがいた。なんだか懐かしい。。。

伝統芸能としてのジャズ

ジャズは新しいアプローチも面白いが、過去の心地よいサウンドもトレースしたくなる。

 

アドリブというソロがミュージシャンの敷居を上げて高度な技術が必要に思えるが、たいていのジャズの場合、演奏しているのは過去のジャズジャイアンツの雰囲気のトレースとも言える。

これはこれでお客さんも求めて喜ぶし、演奏が上手くいくと気持ちよいものもある。

 

だが、冷静に考えると伝統芸能だ。

それを指摘すると「違うよ!」と強い口調で反論されることもあるが、それはアドリブが自分が生み出している「かなり凄い高度な技術」と思っているからであるが、そこにオリジナリティが出る人は少数だ。

 

ただ、ミュージシャンそれぞれのクセやらよい部分が組み合わさって、いい感じになる場合はある。

それはいい演奏とも言えるが、新しくはない。

 

そんな演奏をジャズドラム視点で解説してみました。

 

ま、そんな感じで。。。

エフェクトシンバルをジャズライブで使ってみる

先日買ったエフェクトシンバルを伝統的なジャズサウンドのバンドのジャズクラブライブで使ってみた。

 

基本的にあまり合わないだろうな、と思いながらも、プロミュージシャン達とのライブにいきなり適用してみた(笑)。

 

 

ジャズの伝統的な気持ちよいサウンドは、ドラムもオーソドックスなものが合うし、お客さんもそれを望んで聴きに来るのであまりこういうチャレンジはされないものだろう。

 

ジャズは案外というか、かなり保守的なのだ。

 

今回は2セットは普通にやり、最後のセットに穴のあいたエフェクトシンバルを付け替えた。

トランペットのバンマスには、いつもと違うサウンドのシンバル付けるからね、と一応言っておく。

 

ハイハットのサウンドなんかは全然違うので、演奏中もバンマスはちょろちょろ見る。

違和感を感じているのか知らないが、本番ライブでいきなりの適用なので、こちらも気を遣いながら演奏する。

 

サウンドが変わると面白いもので、頭に浮かぶフレーズや瞬時の反応も少し変わることがわかった。

バンマスは演奏中に「変わった音だね~」と言いながらも終わってからブルースとか面白いよな、と。

 

まあ、そんな感じで演奏してみたものの、たま~にはいいかも…ぐらいなのでしょうw