リーマンジャズドラマーのブログ

サラリーマン兼ジャズドラマーの思うところ

ミュージシャン

ライブお休み中

久々に丸3週間ライブがない状態。 休暇みたいに感じているのは、普段多すぎて半分飽きているということなのかもしれない。 明日から怒涛のライブだったが、昼の仕事の関係で2回はキャンセル(トラを入れた)。 来週は水曜日→土曜日と4連チャン。 体力的、…

オリジナル曲のCD、曲はどうやって書いた?と問われて考え込む

こないだ作ったオリジナルのCDは、ありがたいことにネットで郵送してほしいと数件注文が入ったり、知り合いミュージシャンが大ウケしてくれたりと、やってみるとそこから反応というリターンが来るので面白いもんです。 いんたーぷれい8のフェイスブックで…

ミュージシャン、モテるの怖い事案シリーズ

たまにミュージシャン同士で会話してて、お前はかっこいいしモテてええなぁ、みたいな会話になることがある。ただ、続きはいつも同じで、モテない人がモテるミュージシャンの苦悩話を聞くことになるのだ。 ECMミュージシャン(日本人です)と会話してたと…

音楽はデータとなり人類の共有物となる

先日ECMミュージシャンと話をしてて、あのECMですらCDは売れなくなっていて方針を変更してネット配信も考えないといかんかも、という時代になっていると。 ネット配信してなくても、youtubeには多くのものがコピーされちゃう。 最近上陸したスポティ…

ジャズドラム解説動画で8ビート曲を解説してみる

イヴァン・リンスの名曲「ラブ・ダンス」。 これをたまに演奏する機会があるのだけど、まあ素晴らしい曲ですね。 とくにドラム的には何をするでもないのだが、コード進行から演奏していてなんともいい気分になる曲なのだ。 ジャズドラム的にあちこち反応する…

いつもくだらないことを考えている

発想を豊かに、といえば聞こえがよいが、まあ普段くだらないことをいろいろ考えている。 昼の仕事でトラブルがあっても、最悪のケースから最良の展開まで常に想像するのがクセみたいなものだ。最悪のケースはもはや悲壮感通り越してもはや笑いにしかならない…

古巣のジャズの店に帰省してきました

大阪梅田近く、西天満にある「いんたーぷれい8」は8月8日が記念日。 おかん、ことハチママがこの日が誕生日なのだ。 昭和8年8月8日生まれという、末広がりまくりの女性。女性って感じしないけど。 私はジャズに興味を持ち出した頃に、ジャズの本も読ん…

バラードのドラムはめちゃめちゃ面白い

ジャズドラムはどうしてもミディアムテンポ以上のドラミングが注目されるし、ドラマーも速いテンポを自分の腕を見せるためにやりたがるミュージシャンも多い。 初心者のうちは、バラードはたいくつでドラム的に何もすることがないように思ってしまう。 とこ…

世界で日本人が一番バップを演奏しているのでは?

バップが大好きなジャズミュージシャンは多い。 バップのスタイルは演奏していて楽しいし、何よりもジャズっぽい。 ミュンヘン在住のジャズミュージシャンと話をしてて、欧州事情はどうなの?と。 バップが演奏されることはまずない。 あったとして小さな箱…

ジャズ演奏中の心理状態とフレーズ

不思議なもんで、練習したら出来るドラムフレーズが本番演奏ではよう出来ないことがある。スタジオでひょいと出来るのにライブ演奏中に、そのフレーズをやりたいと思うシーンでも出来ないのだ。20年ぐらいそういう状態のフレーズもある。 これは心理状態が練…

CDにまとめる意味

youtubeには、いろいろ動画をアップしてきて、このネット時代に今更CDにまとめる意味はないと思っていたものの、CDにまとめてみたらという助言があり作ってみた。 いつもお世話になっているトランペッターのヒロ川島氏に出来たてを渡したところ、2日後…

たまにいるアマチュアのとんでもない才能あるミュージシャン

たまに会うテナーの安藤さんというおじさんがいるのだが、かなりすごい人なのだ。 相当歳とってからテナーを手にした人だったと思う。 もう定年すぎて数年経ち、ライブに遊びに来たりセッションで遭遇したり。 何がすごいかと言うと、曲を知らないけどソロが…

日本の楽器練習教育はあちこち間違っているような気がする

幼稚園の頃、ちょっとだけエレクトーンを習っていた。ほとんど何も覚えてないが、先生が「手は卵を握るような感じで」と常々言ってたことだけは記憶にある。 ピアノ教室なんかでも鍵盤への手の置き方を指導していると思う。ドラムを初めてから、唯一頼りにし…

初めてCDを販売してみたところ、4枚売れました

作ったCDを売ろう、ということでyoutubeにはプロモ動画をアップ。 youtubeでちょこちょこコメントいただける方から郵送してほしいとあったので、本日郵送。これが販売第一号。 あと、今日はライブだったので終了後にミュージシャン仲間に「変態CD作ったん…

ジャズ演奏できる店との相性

しょっちゅうジャズを演奏していると、店との相性というものはけっこう感じる。 私はあまり合わない人は少ないタイプだけど、そうは言っても向こうからなんとなく距離を置いてくるケースはたまにある。店の場合だと、オーナーやママといったところ。 アマチ…

ということで、ジャズのCDを作ってみることにする(その9)

ということで、本日CDが出来上がり届きました~。 1か所誤字訂正し忘れたのを発見。あちゃー 色校正しなかったのだが、色味は全然OKだった。 さて、まあ仕上がってしまうと、やはりその過程が面白かったことにあらためて思うわけで、自分の中では過去に…

大脳皮質で判断できるようになるトレーニングがあるって…

今日、某工業系大学で講演とパネルディスカッションに参加してきた。昼の仕事関係で…。 そのパネラーの中に世界トップ女性レーサーがいて、初めて会話したり話を聞いたのだけど、レーススタート時の混乱の際は脳で判断しては間に合わない危険な状況があって…

ジャズにおけるピアノ、ベース、ドラムのリズム関係

ジャズは生楽器の演奏が基本だが、アコースティックベースのみベースアンプをつかって音を増幅することが多い。 ベーシストによっては生が好きで、少々大きな箱(ライブハウス)でも生に徹する人もいる。ベースの音が聴こえないんじゃないかと思うものの、こ…

ジャズをやり始めのときと、今の感覚の違い

私は社会人になった年の夏に「すいません、ジャズ演奏したいんですけど」とジャムセッションやってる店の門戸を叩いた。 「ジャズ研?」 「いえ、そういうのは。フュージョンとかやってましたが」 「わかった。ちょっと待って…。 あ、すいません~、今日はち…

ジャズの多くはパロディなのかもしれない

どのジャンルの音楽もそうだけど、演奏する表現者は過去の音楽の影響を多分に受けている。大好きなアーティストはもちろんのこと、幼少期に聴いた子守唄の雰囲気なんかも大きくどこかで影響しているハズだ。 ジャズはアドリブがあるので、高度な表現形態をと…

ボカロソフトはめちゃめちゃ出来がいい

初音ミクにジャズを歌わせたのをyoutubeにアップしたが、この手はあまりウケない。 前にニコニコ動画でアカウントもっていた際に、ジャズの初音ミクをアップしたが、ニコ動もまったくウケない。ウケを狙って作ったわけではないが、ニコ動もyoutubeも初音ミク…

ミュージシャン職業的BGM仕事

ジャズクラブは店によってコンセプトは異なる。 ・レストラン的にBGMとしてジャズ生演奏している店 ・ガチで聴かせるために、聴く人向けの店 ・演奏する人たちが集う、演奏者コミュニティーの店 これらのコンセプトは徹底しているわけではなく、中間であ…

NHKのJASRAC著作権問題の番組を見て

音楽教室から著作権料を徴収するという、例の話題をネタにNHKが著作権問題を特集した番組をやってた。 音楽話題からマンガの著作権フリー戦略に移り、そちらはまっとうな考えだが、そもそもネット時代に旧来の著作権という考え方を適用しようとするからお…

職場の仲間意識、昼のサラリーマン仕事と夜のミュージシャン仕事

サラリーマンからプロミュージシャンに転向した人を何人も知っている。 課長など管理職やっててミュージシャンに転身したりするケースもあるが、昨夜のライブもそういう過去に広告業界でバリバリ活躍してたミュージシャンが遊びに来ていっしょに演奏した。 7…

初音ミクにジャズボーカル歌ってもらう

古典となった伝統芸能のジャズマンには怒られそうな組み合わせではあるが、シーケンサーの伴奏で初音ミクにバラードを歌ってもらうことにした。 というか、初音ミクのソフトとMASCHINEというシーケンサーのソフトで演奏させたものにジャズドラムを重ねてみた…

ということで、ジャズのCDを作ってみることにする(その8)

今さらCD、されどCD。私なんかが作る意味があるのか、ということだけどやってみるとこれを機会にいろいろ考えることがあるので、それはそれで有意義なことに気付く次第。やはり何でも動いてみてなんぼですね。値段は1000円にしようと思い、いんたーぷれ…

不思議なジャズ喫茶的なお店

渋谷と青山の間にあるシーバードは不思議なお店だ。 ジャズ喫茶ではあるが、しょっちゅうライブをやっている。すべてアマチュアだ。 人のいいアマチュアミュージシャンが運営されているご夫婦を慕って集まる。その中からプロになった人やそこで育ったような…

多くのミュージシャンはベーシックインカムみたいなもの?

国勢調査でアーティスト人口というのもわかるようだ。 平成17年と22年で比較すると、「音楽家、舞台芸術家」というカテゴリーで8万4千人から7万4千人と5年で1万人減っている。 食えないのか、廃業したのか、年齢的にリタイアしたのかはわからない…

現代のパトロン?

ライブをいっしょにやった定年リタイヤしかけサラリーマン兼ピアニストが、古いプロベーシストと昨日ライブをやったという話になった。 ボーカルとピアノ、ベースでお店も小さくお客さんも少ないがしっかりとギャラが支払われてありがたいと。 聞くとボーカ…

不協和音と不協リズムと

ジャズは範囲が広い。 一口にジャズと言っても、美しいバラードから何演奏しているか理解に苦しむ騒音のようなフリージャズまで多岐にわたる。ジャズというカテゴリーは雰囲気としては大きな分類に属するも、細分化していくと広すぎるのが実情だ。 なので、…