リーマンジャズドラマーのブログ

サラリーマン兼ジャズドラマーの思うところ

ミュージシャン

シットインだらけのライブ

シットイン、この言葉はオーディエンス側からすると観たいミュージシャンでない人が飛び入りすることの意味。 私も知り合いミュージシャンのライブで何度もシットイン経験はある。 ミュージシャンやライブによっては、これを認めない場合も多々あるが、ジャ…

批評家のジャズ本も面白い

評論家というのはどういう価値を世に与えるのだろうか。 昔はそういうことを思ったり、マイルスが「評論家というものは何もしていないのに等しい」とか言ったり、問われると深く考えたことないとわからないだろう。 これをテーマにした映画が「レミーのおい…

伝統芸能としてのジャズ

ジャズは新しいアプローチも面白いが、過去の心地よいサウンドもトレースしたくなる。 アドリブというソロがミュージシャンの敷居を上げて高度な技術が必要に思えるが、たいていのジャズの場合、演奏しているのは過去のジャズジャイアンツの雰囲気のトレース…

エフェクトシンバルをジャズライブで使ってみる

先日買ったエフェクトシンバルを伝統的なジャズサウンドのバンドのジャズクラブライブで使ってみた。 基本的にあまり合わないだろうな、と思いながらも、プロミュージシャン達とのライブにいきなり適用してみた(笑)。 ジャズの伝統的な気持ちよいサウンド…

イントラパーソナル・ダイバーシティ

とあるWがつく大学のビジネススクールの先生の話を聞く機会があった。 企業は前からイノベーションイノベーションと、いかにイノベーションをやるかが経営から声高に発せられるが、日本企業の多くは新しいものが出ない輪廻に入っているのはご存知のとおり。…

YouTubeにおける著作権利者発見AIの進化

YouTubeは怒涛の勢いで各種音楽がこの瞬間も大量にアップされている。 著作権の権利者をどう守るかという課題はニコ動のように二次創作を認める仕組みを作り、会員に説明するようなものもがるが、YouTubeは世界各国でどこの国のどの曲をどういうかっこうでア…

ネット時代前後における楽器演奏技量習得の圧倒的変化

最近の音楽や新しいの見つけるの、どうしてる?「YouTube!」学生に聞くとこの答えが返ってくる。そのうちネットフリックスやアマゾンミュージックのレコメンドも増えてくるだろう。ジャズ親父、アマチュアジャズ親父ミュージシャンに聞くと…「ディスクユニ…

まさかラジオで取り上げられるとは…

昨年、インディーズでCDを作った。 ひょんなことから20年ぶりに再開した大阪時代遊んでいたピアニストがもってたラジオコーナーで取り上げてくれた。 こんな機会が生まれるとは思わなかったが、面白いものです。 ということで、エアチェック(←死語)と…

何の資格ももってないのですが

昼の仕事では、日々中途社員の採用面接も実施している。IT関連でもあるので、応募者の履歴書には華やかな資格経歴が多く載る。・応用情報技術者・ネットワークスペシャリスト・情報セキュリティマネジメント・オラクルマスター・システム監査などなど。私は…

自作CDがオンエア?

すっかり忘れていた。 35年ぐらい前に、アマチュアジャムセッションでいつも遊んでいた当時学生の上手いピアニストと昨年9月に久々に会ったとき、自分がもっているラジオ番組でこのCDかけるよ、と言ってたのだ。 彼はプロのピアニストとして関西で活躍中…

コンサートスタッフをやってみて

ということで、何がということか意味はないが、ドイツから帰国した今度メジャージャズレーベルからリーダーアルバム出すドラマーが日本でのコンサートのためにドラムを貸してくれということで、二つ返事で手伝ってきた。 ボサノバ有名日本人ギタリストとピア…

ジャズマンとテクノロジー

ジャズマンは楽器テクノロジーにはほとんどの人が疎い。 テクノロジーに全て疎いアナログ人間というわけではなく、譜面テクノロジーにはジャズマンはかなり強い。数々のスタンダードを分厚い譜面をメンバー分用意いなくてよいスマホやタブレットの譜面アプリ…

よいお年を!

12月は27日が最終のライブだった。 今年は横浜高層階ホテルラウンジの仕事がクビになり、三軒茶屋高層階区民ラウンジのノーギャラライブが場所管理者変更にともない廃止になり、多少ライブのペースが落ちて、ある意味ホッとした年でもあった。 昼の仕事…

クリスマスソング

この時期になると多くのジャズクラブではバンドがライブ中にクリスマス関連ソングを演奏する。 なんでやねん… ソロの途中に、ミミミーミミミーミソドーレミーとこっそりと、でもわかるように入れる輩も多い。 確かにメルトーメのクリスマスソングとかはメロ…

ドラム屋さん

高井戸というか久我山というか、井の頭線富士見ヶ丘駅からちょっと歩いたところにゲートウェイというドラムショップがある。 (この黄色ヘッドの赤胴ベードラオブジェがなんとも言えない雰囲気を醸し出している) 数年前からたまにシンバル買ったりしてたが…

ドラム練習で新鮮な感覚が…

昔はルーディメンツとかドラムの基礎練習をやっていたこともあるが、ある程度叩けるようになるとどうしてもやらなくなってしまう。 先日、マークジュリアナのライブを観に行った際に、少し会話したくてあえて彼の日本語版が出たばかりの教則本を買って持って…

楽器選定

楽器の選定は難しい。 ドラムの場合、とくにジャズだとアコースティックなマイクに乗せない音を求めるので、粒立ちや倍音がどのぐらいかをドラムショップで近いものと比較させてもらいながらじっくり選ぶ。でも外れることもある。 先ほど、息子がやってるト…

職業人としてのミュージシャン

バブル期に解散した日本の有名ビッグバンドのメンバーとここ数年ライブをやっている。 解散時若手トロンボーン奏者だった方で、Fukadaさんと言って素晴らしい音色を出す。 当時の演奏はyoutubeで観れるが、タイトなリズムであらためて素晴らしいビッグバンド…

久々にジャズライブで気分転換

昼の仕事して、夜ジャズライブやっていると睡眠不足とジャズも慣れてしまっているので、モチベーションを上げるのに苦慮する場合がある。 それでよいわけはなく、演奏へのモチベーションはいろんな観点で気合を入れるのだが、久々に気分転換みたいな要素が濃…

16年ぶりに行ったセッション

17年前、大阪から東京出張が毎週あった時期があり、セッション武者修行してたことがある。 どうやって探したか記憶にないが、阿佐ヶ谷のマンハッタンに毎週のように行ってた。 当時は木曜日に20時からと25時のダブルヘッダーでセッションがあり、深夜のホス…

ジャズの理論

「森山威男スイングの革新」、立ち読みするも半分読んだところで、やはり買うことにした。 めちゃめちゃ面白かった! この初代山下洋輔トリオはリアルタイムで聴いた世代ではないのだが、学生時代にCDで聴いたりはした。 何より、ジャズを初めて足を踏み入…

妙なところで繋がるサラリーマン仕事と音楽業界?

昼の仕事の関係で、エグゼクティブ向けと名を打ったIT系ベンダーのクローズドセミナーに参加することがある。 参加義務はないのだが、頼まれるのでビジネスライクな人的繋がりをもっておくために、たまに顔を出す。 だいたいにおいて、クローズドセミナー…

ジャズクラブでのライブ中にハッピーバースデイ

前に横浜の高級高層ホテルラウンジでジャズ仕事をしていた際、3ステージの毎回ハッピーバースデイをちょろっと入れてくれというのが店側からのオーダーだった。 たまにお客さんで誕生日の人が来店されてケーキを頼むということで、わかっても意識しすぎずに…

趣味が興じて

昼の仕事の関係で、鉄道技術展なるものに行ってきた。 表の目的は取引先会社との関係で顔を出しておくことだが、裏の目的はムカイヤミノル氏に会いに行ってやろうとw 氏は完全なる実業家である。 が、音楽業界では誰もが知るカシオペアのキーボーディスト、…

ドラムレッスンプロにレッスン

2年前の話だが、youtubeからあちこちたどってメアドを見つけて一度レッスンしてほしいと連絡が来た。 youtube上でフランス人がレッスンしてくれと言ってきたこともあったが日本人でそこまでしてたどってきたので「こんな私でよければ」と話を進めることにし…

音楽が様々なカテゴリーの人を繋ぐ

ドラムを始めたのは高校1年の時。最初は全然ジャズではなく、テクノのYMOから音楽に入ったが、高校で周辺でコピーされていたバンドは甲斐バンドであり、はましょーであり、少し高度になるとTOTOであり、というロックだった。瀬戸内海に面し、新幹線…

ジャズマンはアナログなのでyoutubeアップとかやる人は少ない

先日のライブ、初めてお会いした女性ピアニストだったが、youtubeへのアップ方法とかがわからないと言ってた。 別に私が頻繁にアップしているとかは話題にしなかったので、それも知らないとは思うが、まあそういう会話になることは多い気がする。 そう思って…

CDというパッケージ

夏前にひょんなことからCDを作って、まあ名刺代わりに配っている。 ちゃんと売ろうとして、最初はきちんと販売していたのだが、グダグダになってしまったのだ。 大きな原因の一つは横流し品が早々に出てしまったこと。 しょっちゅう出演している某ジャズの…

言葉が人の感情に大きな影響を与える

あらためでだが、我々人間は言葉によって生きている。 頭の中で考えることは言語で考えているし、感情も想像もほぼ言葉で置き換えている。 先日、10年近く飼ってたチワワが突然ピンピンコロリで逝ってしまったのだが、ペット葬式を終えていつもお世話になっ…

調子のいいとき、悪いとき

毎回ライブの度に自身の演奏にいろいろ思うところはあるものの、昨夜のライブは1セット目が調子よかった。 調子よいというのは、メンバーとのインタープレイも必要なところで必要な音をスムーズに入れることができ、かつクリエイティブな感覚で今まで自分が…